東アジア酸性雨モニタリングネットワーク
sp 最新情報バックナンバー

 東アジア酸性雨モニタリングネットワーク(EANET)のホームページへようこそ!
EANETは、東アジアにおいて酸性雨問題への共通理解を形成し、酸性雨による環境への悪影響を防止するための政策決定に有益な情報を提供し、EANET の参加国間での協力を推進することを目的に、1998年に設けられた東アジアにおける政府間の枠組みです。現在、東アジアの13ヶ国が参加しています。タイのアジア太平洋地域資源センター(アジア工科大学内)が事務局に、アジア大気汚染研究センター(ACAP)がネットワークセンターに指定されています。

contents
EANET東アジア酸性雨モニタリングネットワークについて 活動履歴と今後の予定 会合結果・レポート ニュースレター
sp
研究活動 公表資料 参加国 e-learning
sp
関連リンク EANET事務局 ネットワークセンターアジア大気汚染研究センター(ACAP) EANET
sp